国際結婚、残酷物語、中国人花嫁版






[PR]



2006年05月27日(Sat)
国際結婚、残酷物語、中国人花嫁版

★読みやすいメインHP → 国際結婚、業者のうそ、その対策法!

●読みやすいサブHPへ → 国際結婚、残酷物語



■ある、中国人斡旋業者に騙された人のHPより、時系列の経緯。■−1ー

(これを、プリンターで打ち出して、斡旋業者に読ませて、経験談を交えた感想文を、
10枚以上書いて出せ!と言ってみましょう!書かないと、金は払わない!
お見合いにも行かない!とゴネてみましょう!
相手は、どうするか?どう出るか?どんな内容を書いて来るか?自記筆で書かせて、
指紋や、筆跡の記録を保存しましょう。遠慮する事は、ありません。もし、紹介を受けるなら、
100万以上の金を払うんですから!繰り返しますが、業者紹介は、絶対、やめたほうがいい!)

2004年3月某日
ネットサ−フィン中偶然に中国女性との国際結婚サイトを見付ける。
中国女性の写真とプロフィ−ルが載っていて、日本人男性との結婚を希望しているとの事。
私は独身なので、興味があり、定期的に閲覧するようになる。

2004年7月某日
○○○○○○○という在日中国人による国際結婚サイトで好みの女性を見付ける。
スタイルがとても抜群だ!!
しかし、掲載写真が小さく顔がイマイチ分からない。

2004年7月某日
私も42歳で20代の綺麗な方と結婚できるのか?
結婚できるならば素晴らしいと思い、国際結婚業者へe-mailで問い合わせて、
写真を送って貰うようにリクエストをした。

2004年7月某日
写真が届き、見てみると、とても美しく、可愛い。
HPに 学歴:高校、 職業:教師 と有ったので、国際結婚業者へ電話で質問をする。
高校卒業で、教師は出来るのかと電話で尋ねると、中国では教師は足らないので、高校卒業でも
教師になれると回答を貰う。[ これが最初の嘘と後から気づく事になる。 ]

2004年8月某日
スタイルがとても抜群で、とても美しく、可愛いいので、申込みをする。
私のプロフィ−ル、住民票、所得の証明、写真を業者に送る。

2004年8月某日
女性からのお見合のOK! が出たと、知らせが届く。
私は、いくら綺麗な女性でも、お見合だけで結婚を決める事は出来ないので、アンケ−ト、
手紙などを女性と交わしたいとリクエストを出し、翻訳は業者がすると言う事で、アンケ−ト、
手紙の交換をする事になる。
私のアンケ−トに自ら答え、私の答えとともに、アンケ−トを送る。
[ 私の一回目の間違えをした事に後から気づく事になる。]

2004年8月某日
女性が私に好印象を得た知らせと、女性からのアンケ−トの回答を貰う。
アンケ−トの回答を読むと、内面も私好みの女性なので、嬉しくなり、その後、二度ほど
手紙の交換をする。[ アンケ−トは私の回答にただ合わせた物だった事が、女性来日後
明らかになる ]女性から早く会いたいとする手紙の内容で、私もお見合の決心をする。

2004年9月某日
結婚業者から、希望の女性でない女性の写真が送られてきたり、お見合は5・6人と
するとe−mailを貰うが、私は、決めた人としかお見合はしたくないと伝え承諾を得る。

2004年9月某日
結婚業者と空港で待ち合わせをして、中国へ向かう。
現地で、結婚業者の家族と共に、夕食をする。
なかなかのご馳走だ。 円卓を囲み、7人で食事をする。
食事を済ませ、HOTELで一休みをし、お見合前に、女性と顔合わせをするとの事だ。
楽しみでもあり、ちょっと緊張もする。
顔合わせの場所は、結婚業者のお兄さんの家らしい。
行ってみると、7人の女性が椅子に座っていた。
逆ねるとんか〜!!
結婚業者に約束が違うと、帰る事を伝える、結婚業者はあわてて、女性達を別の部屋へやり、
私を説得する。私も疲れているので、話はHOTELでしようと、HOTELへ行く。
その日は、そのまま寝る事にする。
次の日、私の希望の女性とだけお見合をする事になり、
結婚業者と私と女性との三人で、約束事と言う事で、結婚まで直接の連絡のやり取り、住所、
電話番号の交換はしないよう約束させられた。
その後で、食事をしたり、カラオケ、ダンスをしたりした。
女性も、私に対して良い感じで、気遣ってもくれる。
次の日、女性の親、親戚も同伴でお見合をし、お互い、結婚の意思を確認し、結婚の大体の
日にちを決めた。婚約者の家へ招かれ、食事をしたりした。
次の日、婚約者、婚約者の家族の見送りのもと、日本へ帰る。

2004年9月某日
お見合時に婚約者の父親がいなかったので、結婚業者に聞くと、遠い所に出張しているので、
来られなかったと聞く。
[ 結婚業者はこの時既に女性サイドの事について隠し事をしていたと後から知る事になる。 ]

2004年11月某日
結婚式を挙げるべく、中国へ旅立つ。
婚約者、婚約者の家族、親戚友達など、盛大な出迎えだ。
結婚業者は、汚いHOTELを予約をしていたが、婚約者の親戚がしっかりしていたので、
4星の綺麗なHOTELに泊まる事になる。
結婚業者はなるべく安くすませる段取りをする様だ。
なるべく婚約者の気持ちに立って事を進めたい。

■ある、中国人斡旋業者に騙された人のHPより、時系列の経緯。■−2ー

2004年11月某日
無事、結婚を済ませた後、父親は日本で働いていると妻から教えられる。
私は驚く、親に何て話そうかと悩むが、不法滞在ではない様だ。
妻、妻の家族の見送りのもと、日本へ帰り、日本での手続きに、走り回る。
結婚から妻の来日までの間に、TV電話や中国に遊びに行ったりして、コミュニケ−ションを取る。
とても楽しい、日々を過ごす。

2005年4月某日
奥さんがとうとう来日する、楽しみだ!!
[ しかし、奥さんの来日が不幸への幕開けとは・・・ ]

2005年4月某日
私は仕事を休み、奥さんに接した、近所の案内や外食や日本語教室や・・・
奥さんは初日から中国の母親と2時間のTV電話をする。
最初だからしょうがないと思っていたが、毎日2時間、TV電話をする。
仕事を始めるとコミュニケ−ションが取れなくなるから、少し控えてくれるように、頼むが、
ずっと毎日2時間、TV電話をすると言う。
日本語が話せないので、ネットの翻訳サイトで翻訳し会話をする。
そうこう生活をしていると、プロフィ−ルやアンケ−トのほとんどが嘘である事が分かるようになる。
そのたびまたかと思い、聞いてみると、結婚業者に、この様に書きなさいと、
誘導を受けたという。
これは許せないと言う事までもが嘘で、止めるように言っても止めない。私は怒る。
また、結婚をするのに、日本円で200万円ほどの借金をしていると聞かされた。
まだ、初めから打ち明けられていれば、驚きながらも、受け入れられていたかもしれないが、
恋心がさめ、ギクシャクしてから打ち明けられても、素直に信用できず、しばらく様子を
見ようとしていたところ、学校へ行ってくるといつものように言って奥さんは家を出、離婚をした。
離婚をする前に、結婚業者へも、相談をしたが、奥さんを迎えに行ってあげてくださいと、
e−mailをくれるだけだった。 何も頼りにならない。
結婚業者は、HPに失踪した時の保証制度を掲げていたので、請求したが取り扱わない。
親が居場所を知っていれば失踪にならないと言う。
まして、保証の契約書を交わしていないという有様で、そもそも、客寄せだけの物の様だ。
前の奥さんは、容姿さえとても良かったが、性格は、わがまま、自分本位だった。
物事がきちっと出来なく、自分の思う事でしか行動が出来ない。
人の話を聞き、消化して行動する事が出来ない女性だった。
しかし、話し合いをして納得の上で離婚したわけではないので、なかなか忘れる事が出来ない。
性格上、離婚して正解だったと思うのだが・・・   
こんなひきずりを無くすにも、早く他に女性を見付けようと努力をする。
また、私は中国女性と結婚を考える。果たして、幸せな結婚生活が出来るのか?

2005年6月某日
私は懲りない性格で、逆にそれをかてにするタイプの人間だ。
何を注意すべきか、自分に対して何を変えなければいけないのか? 対策を考えた。
問題点1  : 女性自信の嘘。

対策 1−1 : 質問アンケ−トの冒頭に、お互いの真実を知らせ合わなければ、
幸せな結婚生活は出来ない事を伝える。
[例]: 嘘や隠し事がなく、お互いの真実を分かり合ってから結婚をしたいと願っています。
本人が正直に答えてください。
幸せに暮らすには、お互いの本当の事を知る事が必要と思います。
周りの人の意見は聞かないでください。
対策 1−2 : 嘘についてどの様に思っているか答えて貰う。
[例]: 1.嘘についてお聞きします。( 幾つでも○してください )
a.多少の嘘は仕方がないと思う。
b.好きな人の嘘は許せる。
c.嘘をつくと、人間関係が悪くなるので、嘘をつくべきではない。
d.嘘をついた人に、怒った事がある。
e.自分の嘘は許せるが、他人の嘘は許せない。
f.嘘をつきなさいと誘導を受けてついた嘘は、本来の自分の意志ではなく、自分がついた
嘘とは思わないので、悪いとは思わない。
g.その他 (           )

対策 1−3 : お見合時に、アンケ−ト、手紙など、お互いに交換したものの確認をする事。
対策 1−4 : 来日前にも、アンケ−ト、手紙など、お互いに交換したものの再確認をする事。

2005年6月某日
問題点2   : 結婚業者の嘘、無責任、不透明さ。
対策 2−1 : 最初の問い合わせで、「 お見合い前に詳細プロフィ−ル、アンケ−ト、e−mail、
手紙などのやりとりをし、お互いに結婚の意思を確認してから、最終的にお見合いをして、結婚が出来れば
と考えていますが、私の意向を取り入れて頂けますでしょうか?」
「 詳細プロフィ−ル、アンケ−ト、e−mail、手紙など原文と翻訳文をセットで頂けますでしょうか?
また、女性にも原文と翻訳文をセットで渡して頂けますでしょうか?」を聞き、リクエストに応えてもらえる
業者を選ぶ。
出来れば、e−mailでもらい、翻訳サイトで訳してみる。

対策 2−2 : 日本の業者には、上記内容と、中国紹介者と 女性との契約書の原文と翻訳をセットで
貰う事を網羅させ、契約書を交わす。
対策 2−3 : 中国サイドは中国紹介者を通している所がほとんどで、女性サイドが、後から請求を
受けない様に、中国紹介者と女性との契約も、書面にしてもらい、原文と翻訳をセットで貰う様にする。
              参考例   ★ 契約書 ★
これは、婚約、結婚紹介に関わる全ての請求に対して、金銭、物品の授与を明らかにするものである。
紹介者と紹介者と関わりのある者は、下記を請求金額と定め、紹介をされる
本人はもとより、その親族は、下記以外の金銭、物品の支払いを負わない。
紹介者と紹介者と関わりのある者は、下記以外の金銭、物品の請求はしない。
       請求額 : 金○○○○元
  この契約書は、双方捺印、割印をし、所持する。○年○月○日
  紹介される本人氏名 :      ○○○○ 印
  住 所         :      ○○○○○○○○
  紹介者         :      ○○○○ 印 
  住 所         :      ○○○○○○○○

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

国際結婚、悪質業者に騙されました!国際結婚・残酷物語です。 
お見合いの茶番劇!独身男性、中高年者の皆様、お金を払う前に、
お見合に参加する前に、よ〜く読んで準備して対処して下さい!外国人花嫁、中国、タイ人、フィリピン人、花嫁のうそ、妄想。
斡旋業者の手口、ハッタリ、だまし方を紹介。
それらを予測した対策法、言い方、リベンジのやり方。
必ず、騙されないようにしてください!

外人花嫁は、業者紹介は、絶対に、やめた方がいいです。人生を無くします。
その経緯をホームページ・ブログに整理して、沢山作成しました!


新着トラックバック/コメント

国際結婚、業者に、だまされたと言うより、全部うそ、サギまがいで、
騙されるのが99%確実だと判りました!その体験や、防御方法を教えます!

カレンダ
2006年5月
 
27
     

アーカイブ
2006年 (12)
5月 (11)
6月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:13
累計:89,498